サモンナイト3 イスラ台词集

PSP版的3快要发售了。怀念下~~~纯收集性质。

19Ishlar02_2.jpg
見せてあげるよ!
そこだよ!
あっはははははっ!
夜は、嫌いだよ…
ええ、はい…間違いはありません。ふたつとも、たしかに確認しております。はい、必ずや…全ては、新たなる世界のために…
う、あ…
僕は、どうしてそんなところに倒れていたんだろう…
はい…イスラというのが自分の名前であるとか 小さな頃の思い出や昔のことは、だいたい思い出せるんですが、肝心の ここ最近のことだけが ぽっかり抜けてしまっていて。すみません…
いいえ、久しぶりにしっかりと歩いて 外の日差しを浴びて、とても気分がいいです。本当に…
はい…面目ありません。ですが…対象の現在の所有者は確認して…
誰、って… もしかして、僕、また独り言を言っていましたか?
ああ、すみません。僕はどうも 時々独り言を言うクセがあるようなんですよ…
よくないクセですよね。治さないと…
それで…僕をどうするんだい?
ふふ…っじっくり考えてみるよ。すぐには 出せない答えだからね…
僕が火事を起こした。そう言いたいのかい?
目的のためなら手段なんて選ばない。敵の弱みをついて いかに早く 確実に勝つかが大事なんだ。そうだろ、姉さん?
これで、僕がどうしてこんなことをしたのか 理解できただろう。そうさ、僕の名前はイスラ?レヴィノス。帝国軍諜報部の工作員であり…アズリアの弟さ!
それじゃあ取引といこうか?
品物ひとつに対して人質が一人…正当な対価でしょう?
ふふふっ、本当に君は、僕の期待したとおりに動いてくれる。ありがとう…そして… さよなら!!
どういうつもりだい? 姉さん…
剣が使えないくせに 意外と がんばってくれるじゃないか。そんな君に敬意を表して、ご褒美だよ。
あはははっ! わかったところで手遅れさ!
この僕に、あれだけ手痛い目にあわされたっていうのに…相変わらず、君は仲良しこよしが大好きなんだねえ?
共倒れになったらいいな、って思って見てたけど…そうそう、都合良くはいかないってことか。
あっははは!ボロボロのくせに口だけは勇ましいや。いい機会だし…せっかくだからその剣、この場でもらっていくよ!!
偵察のつもりがとんだ道草になってしまったな……撤退だ!
ホント、迷惑なこと このうえないよね?
あのまま 君が消滅していれば、余計な手間が減ったのにさあ。
ご挨拶だなあ? 僕はただ、君たちが心配で 様子を見にきてあげたってのに。
で、どうなのさ? もめごとは、きっちり片づいたのかい?
悪いことはいわないよ。剣を、僕に渡すんだ。 優しすぎるんだよ、君は… 僕のようになんて、なれっこないんだよ。
なら、最後まで苦しんで、苦しんで もがきぬくといいさ。あっははははは…
用件だけ伝えて、さっさと帰っても良かったんだけどね。彼がどうしても君に直接、宣戦布告したいっていうからね。
そうだよね。目障りなモノをいつまでも生かしておく必要はないし。そろそろ、まとめて死んでもらわないと。
あははは、今さら悔やんだところで後の祭りだよ。仕方ないじゃない。君は、君の大切なものを守ろうとしてきたんだろう?だったら、最後までそれを貫かなくちゃ。
いつまで、君がそんな夢物語を言っていられるか 楽しみにしてるよ。
あははは! ははっ、あはははっ、あはははははっ!!
ここからは、僕らのやりたいようにやらせてもらうよ。言葉のやりとりなんか必要のない、力だけで決着をつける、明快なやり方でね!
負け戦に、意味を求める必要なんてないじゃない。
強い者が、弱い者からなにもかも奪い取る。単純で、明快な真実。君たちのやってきた戦争ごっことは違う!綺麗事なんて意味ない世界なんだよ!!
へえ…それじゃ、証明してもらおうかな…力ずくで、君の綺麗事とおしてごらんよ!?
ありがたきお言葉、感謝にたえません。そして…遠路よりのお越し、心より歓迎いたします。オルドレイクさま。
そんなこと、僕は一言だって頼んじゃいないッ!!
弁解しなくてもいいよ。だから… 黙って、死んでよ?
気安い哀れみは侮辱と同じだよ?
そういう言葉が僕にとってはたまらなく不愉快なんだ…ッ!
他人なんて信用できない。助けがくるなんて期待しない。人は言葉でいくらでも本心を偽れるんだもの。だから、僕は僕の決めたことだけしか信じない。
ほら、剣を抜けよ? 武器を手にして僕と戦えよ? じゃないと、死ぬよ?君も、姉さんも、僕が殺しちゃうよ?
そう、なんだ…やっぱり…最後までわかってくれなかったね…
それじゃあ…お望みどおりに殺してあげるよ!
二度とそんな口が叩けないように、永遠に黙らせてやるよッ!
さっきまでの殊勝な態度は、やっぱり口だけだったんだ?
ほーら、出てきた? 本当にわかりやすいね、君の行動原理はさ。
いいね…実にいい気分だよ、これは…君が大口を叩く理由、今なら、わかるよ。誰にも、負ける気がしないもんね…
試してみようか?どっちが、本当に剣に選ばれるべき人間なのかさぁ!?
それじゃあ殺し合おうか?
心おきなく、存分に傷つけ合おうよ!どっちかの息の根がさ、止まる瞬間まで!!
姉さんのお節介なんて、もう、僕には必要ないことなんだよ!
はははは… いいよ! 最高だよ! それでこそ、戦う意味があるものさ!
(これなら、きっと僕の望みも…)
来い! 来いよッ! アティ。 その怒りの目で、僕を殺しに来いッ!!
(ああ…これで、やっと僕は…)
バカだよ…どうして…君は…
計画は順調ですよ。あとは… 貴方を殺せば、全てが完了するんです!!
剣の所有者は僕だよ。わざわざ、君たちに力をわけてあげなくたって…独り占めしたほうが利口ってものだろ?
ちぇ…無色の派閥の連中も、意外と あっさり負けちゃったなあ。もう少しぐらいがんばってくれてもよかったのに…そうは思わないかい?
わかりっこないんだよ、姉さんには…
見るなあァァァッ! そんな目で見るなッ! 哀れみの目で、僕を見るなあァァァッ!!
でも、いいんだ…わかってもらえないのなら、わからないままそのままで… 最後まで、走ればいい。だってもう、終着駅はすぐ目の前まで迫ってきてるんだし…
何があっても、僕はお前を認めないッ!お前の語る言葉なんて信じたりしないッ!!さしのべる手は、全部はねのけてやるッ!
どうして…っ!? もう一人の適格者にお前みたいな偽善者がなったんだよッ!?
終わらせてやる…僕の願いをかなえるためには、もう…これ以外の方法なんて 残されちゃいないんだアアアァァッ!!!!
不愉快だよ! なんで僕が、お前のような偽善者と一緒にされるんだよッ!!
剣がァ…ッ!? 僕の剣ッ!? 僕の…ッ、が!? あ、ア…うああアアアぁぁあアアぁァァァッ!?!?
は、はは…っ そう、なんだ…また手加減したんだ? あは、ははは…っ
お前のほざく綺麗事で 僕の譲れないものを勝手に ねじ曲げるなアアアァァァッ!
気持ち悪いんだよッ!お前を見てると、僕はムカついて、イライラするんだよォッ!!
わかったよ… どこまでいっても僕とお前たちは 絶対わかりあうことなんてできないってね!
ずっと、ずっと…ベッドの中にいた時から 願い続けてきたことは、ひとつだけ。僕が、この世界から消えてなくなってしまえばいいってことだけなんだよッ!
もうイヤなんだッ! 僕のせいで、誰かにつらい思いや、迷惑をかけるのは…ッ それぐらいだったら、僕は、僕を殺したい!そう思って、幾度も試してやったさ!
でもね…ダメだったよ… 血を流しても、毒を飲んでも、苦しいだけで、その先にはたどりつけないんだよ。
行きたい所に、自分の足で行ける自由…食べたいものを食べて、死の発作にもおびえずぐっすりと眠ることができる自由… 君たちにしてみれば当たり前であることが 僕にとっては、全部幸せだったんだ!
だから、僕は考えたよ。どうすれば、楽になることができるのか。考えて、考え続けて、そんな僕の前へとあの男は、現れたんだ。薄闇の中から、にじみ出るように…
そう言われて断れる人間が、本当にいると思うのか!?実際に、あの苦しみを味わったことのないヤツには、わかるはずないんだッ!!!!
だけど…代わりに、失われてしまったものだって大きかった…
あはははは…っ つまり、僕はますます死ねない身体になってしまったワケさ!
そうだよッ! 僕は、最初から…君に殺してもらおうと思ってたんだッ!
なんなんだよ…君とは、戦いたくないなんてさあ…
戦ってくれなきゃあ!殺してくれなきゃ! 僕は、死ねないじゃあないかよオォッ!
ああ、そうだよ! そのとおりだとも!! わざと君を裏切ったし 憎まれるようなことを口にして、君のことを挑発したんだッ!!
徹底的に 嫌われれば、僕が死んだところで 姉さんは、泣かなくてすむじゃないか!
どうして、君は僕を殺してくれないんだよおオォォッ!!
イヤなんだよ…っ 僕のせいで、周りのみんなを、つらい目にあわせるのは… 姉さんだって…僕さえ、まともなら軍人になんて…っ きっと…っ
お願いします…っ その剣で、僕を殺して。 殺して、ください! お願いだから…
みんな、僕が悪いんだ。僕が…ッ、こんな出来損ない…でッ まれた、から…
僕は、みんなを不幸にするだけなんだよ!呪われた、いらない子供なんだよッ!生きていちゃいけない存在なんだよおオオォぉォ…ッ!!!
な… なんで、泣いて…
ねえ、さん…っ 泣かないで…お願いだから…
ち…血…っ? なん、で…???
死ぬ、の…ッ? ぼ、僕、ボクは…死、死ぬの…ッ?
あは、ハ…ッ げほッ!? ガ…ははは、は…っ   ふざけるなあアアアァぁぁぁァァァァッ!!
僕が、望んだ結末はッ こんなくだらないものじゃあ、ない…ッ お前ごときに…ッ 僕の命っ、好き勝手にされ…ッ、たまるがあアアぁぁッ!!
ああ…っ、僕の、僕のせい、だ…僕が、剣の声に従って好き放題に…っ 力、使ったから…憎しみと怒りをこめて、紅の暴君を振り回し続けたから…っ
僕の姉さんに…ッ 手を出すなあァッ!!
ごめんなさい、姉さん。最後まで、迷惑ばかりかけちゃって… ありがとう…たくさん、たくさん想ってくれて…
亡霊たちは、みんな僕が引き受けるッ!! だから、君は封印を! 君が振るう剣の力なら絶望だって、きっと止められるから!!
みんなが望んだ世界を、僕みたいなヤツでも笑顔でいられる世界を作るんだろォッ!?
最後まで、見せてよ? 君が見たのと同じ夢を僕にも、さ…
紅の暴君よ…ありったけの僕の想い、全部、くれてやるから。だから…ここにいる、みんなを、僕が迷惑をかけてきた優しい人たちを… 守らせてくれええエエエぇぇェェェッ!!!
(ごめんね…みんな…ありがとう…)
(最後まで、泣かせてごめんね… 姉さん…)
うん… へいきだよ…
…ねえ? イスラって、だあれ?
ここは、どこなの? ねえ、おねえちゃんたちは、だれなの?
なかないで? おねえちゃん、ねえ、なかないでよ…
ぼくたちのこと ずっとみまもっていてね せんせい

发表留言

秘密留言

自我介绍

Sarah

Author:Sarah
喜好:脑残欢乐、治愈、宅(60%)、腐(30%)、迷(10%)虐、LOLI正太、糟糕、无差别无节操告白、在宅向找腐来萌的恶趣味。
特性:撐得累兼毒舌。二次元怪。一人楽しすぎるぜー☆
目前萌物:イナズマイレブン、v家、涼宮、鸟海、ミトス、无双、古剑
萌え死ぬcp:利こま,くくタカ,普洪普,苏兰,姜钟,古虛古,元堂总受,马猿
喜歡的畫師:大暮維人、黑星紅白、望月淳、岩崎美奈子

最新留言
类别
V家歌曲播放

自由区域
搜寻栏
连结